俺がリア充になるためのメモ帳 - ちょくちょくメモっていきたい

06« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08
--

--

--:--
--
--

No.0

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12

28

00:07
Wed
2011

No.01

基本


コミュニケーション能力(コミュニケーションのうりょく、communication ability)とは、一般的に「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。
これに対してコミュニケーションスキル(communication skill)とは、人と人の間でコミュニケーションをとる方法・手法・テクニックを理論付けし、検証を行い技術または知識としてまとめたもの。コミュニケーション能力とコミュニケーションスキルを同義に扱う企業も多い。なお、「相手の目を見てはきはきと話す」「アフターファイブは同僚と酒を酌み交わして親睦を深める」といった、人と直接会うことに伴う能力のみをコミュニケーション能力とするのは誤用であり、電子メールや手紙による、顔を一切合わせない付き合いでもコミュニケーション能力は問われる。
(wikipedia参照)


というわけでまずはコミュ力とは何か そこから考えていきたいと思う
つまり人と関わるための能力というわけだ
これが無い人間はいわゆる
「空気の読めない人間」
だとか
「コミュ障のヒキコモリ」
といわれる人間なわけだ
そこまで行かなくとも意思疎通の計り難い人としてちょっと避けられたり仕事ができなかったり恋人ができなかったり・・・
まぁコミュ力は重要だよねってことだ

会話について
コミュニケーションでもっとも重要なのが会話
会話とは言葉のキャッチボール
キャッチボールとは相手が取れる球を投げて相手の球をキャッチし相手に投げ返す
それを繰り返すのがキャッチボール
わかりやすく言うと
①「相手がわかる話を相手に投げかけて」
②「相手が返してきた言葉や反応を正確に読み取り」
③「相手に適切な言葉や反応を投げ返す」
ってことだろうか
たいていのコミュ力がないといわれる人は②ができてないのだろうと思う

ぶっちゃけ分析してもコミュ力がつくはずないので人と会話してくるのが一番だと思う
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。